脇の黒ずみにヨーグルトは効果がある?

毎日食べている人も多いヨーグルトですが、脇の黒ずみにも効果があるといわれています。

ヨーグルトの上にたまっている水のことをホエーと呼びますが、あまりおいしくないので捨ててしまうという人も多いでしょう。

しかしホエーは良質なたんぱく質であり、低脂肪で体内での吸収が早いのでダイエット食品としても最適です。

またミネラルなども豊富に含まれているため栄養バランスが良く、保湿効果によって肌の乾燥を防いだり、美白効果もあるため、脇の黒ずみの改善に効果があるといわれています。

脇の黒ずみに効果があるといわれているヨーグルトですが、ホエーを食べるのではなく、ヨーグルトを使って パックをすることが最適です。

やり方としては、無糖で添加物が含まれていないヨーグルトのホエーを抽出します。ホエーをコットンなどにたっぷりと染み込ませて、脇の黒ずんでいる部分に張り付けていきましょう。

コットンをつけたままラップをすると、ホエーが浸透しやすくなり、美白効果が高まります。またホエーだけを使ってパックするのではなく、小麦粉や緑茶と混ぜて使用する方法もよいとされています。

しかしこの方法はピーリング効果が強いため、やり過ぎると肌に大きな負担がかかり、肌トラブルにつながる可能性もあるので注意して行いましょう。

j1

脇の黒ずみは馬油で解消できる?

脇の黒ずみを、馬油だけで100%解消することは難しいですが、ある程度解消することは可能です。

馬油には、抗酸化作用・殺菌作用や保湿作用、炎症鎮静作用、肌細胞の活性作用などがあります。そのため、肌の生まれ変わりを助け、肌の深層に蓄積したメラニンを除去できます。

ただ、美白効果はないため、即効的な効果は望めません。徐々に黒ずみを解消するとともに、新しく作らないための予防策になります。

では、どのように使用するのが効果的なのでしょう。

最も簡単にできるのは、お風呂に入る前に脇に馬油を塗りマッサージし、汚れが浮き上がったらボディソープで洗い流すという方法です。

乾燥も防ぎ、肌コンディションも整います。また、カミソリや毛抜きで脇のムダ毛を処理した後に馬油を塗ると、処理によるダメージから肌を守り、色素沈着による黒ずみを予防できます。

脇の黒ずみをしっかり解消したい場合は、馬油と同時に、美白クリームを併用するのが良いでしょう。

肌のターンオーバーを促すため、美白成分もしっかりと肌の深層に浸透し、脇の黒ずみがより効果的に解消できます。

ノースリーブや半袖の洋服を自信を持って着たい人は、試してみる価値のあるスキンケアといえるでしょう。

j2

妊娠中の脇の黒ずみは産後解消する?

妊娠中の脇の黒ずみは、産後半年ほどで解消するのが普通です。

妊娠中は、ホルモンバランスが乱れているため、肌の新陳代謝が落ちるうえ、肌を強くするためにメラニンの分泌が促進されます。

そのため、脇だけではなく、乳輪や乳首、デリケートゾーンなど、他の部位も黒ずみやすくなります。

出産後、ホルモンのバランスが正常に戻ると、自然に消えていきます。しかし、もっと早く脇の黒ずみを解消したい場合は、お手入れに気を使ってみると良いでしょう。

まず、出来るだけ肌を刺激しないように、ムダ毛処理も負担のかからない方法にします。カミソリや毛抜きは、肌荒れを起こしたり、強い刺激を与えるため、電気シェーバーで処理するのがベストです。

次に、しっかりと保湿することです。肌が潤っていると、ターンーオーバーが正常に行われるため、肌が新しく生まれ変わり、メラニンが排出されます。

お風呂上りは、ローションやジェルで保湿を心掛けましょう。

また、週に1度の割合で、ピーリングをするのもおススメです。古い角質が除去され、肌の再生を促します。

このように、簡単にできる脇のケア方法があるので、産後効率的に黒ずみを解消したい人は、実践してみてはいかがでしょう。

j3

脇の黒ずみを自宅で解消する方法はありますか?

脇の黒ずみを自宅で解消するには、保湿対策が最も効果的です。肌をしっかりと保湿させておけば、ほとんどのトラブルは解消できるでしょう。

シェービングでムダ毛の処理をしている方だと、頻度が多いので乾燥を招きやすいです。自己処理の方法としてシェービングは最も効果的ですが、頻度が多くなるので肌を傷つけやすいわけです。

脱毛ジェルを使用すれば2週間以上はツルツルを維持できるでしょうから、シェービングよりはジェルで毛根から処理する方法がいいでしょう。

その上で化粧水で保湿をして、脇の黒ずみを解消していきましょう。自宅では永久脱毛は行えないので、予防ケアが中心となります。

入浴後は皮脂が落ちているので、非常に乾燥しやすい状態にあります。乾燥対策としては化粧水のほかにも、馬油も役立つでしょう。

馬油は人間の皮脂と似た性質があり、非常になじみやすいのが特徴です。脇の黒ずみ予防は自宅で行えるので、黒くなる前から対策しておきましょう。

保湿は最大の防御でもあり、保湿を徹底するだけでほとんどのトラブルは防ぐことができるのです。

肌トラブルに悩んでいる方こそ、入浴後の保湿を徹底しましょう。肌が保湿された状態で就寝し、ゆっくりと肌を休息させることが大切です。

j4

レモンで取れるって本当?

夏場薄着になると気になる脇の黒ずみですが、なんとレモンで綺麗になるそうです。

レモンにはビタミンCが多く含まれているので、食材として使用するとシミを薄くしたり美肌に良いという話は御馴染みですが、レモンの果汁には漂白する性質や皮脂を分解する力があり、主婦の間ではお洗濯に利用したりする方も多いようです。

その性質を利用し、脇の黒ずみの解消にも一役買ってくれ、殺菌能力がある果物なので脇の気になる臭いも同時に解消してくれます。

ではその黒ずみ解消方法はというと、普通に果実の部分が出るようにカットして脇や膝などの気になる箇所にこすりつける方法と、果汁を絞ってコットンを浸し、そのコットンで気になる箇所をパックする方法が一番手軽です。

またレモンを料理やお菓子作りに使用した後、そのカスを布袋にまとめて入れてお風呂に浮かべて入浴し、布袋で気になる箇所を擦るという方法もあります。

しかし外国産の場合、表面の農薬の心配などもありますので出来れば表面を軽く削ってから使用すると良いでしょう。

ただしこれらの方法の注意点として、レモンには光毒性があるので果汁を付けた皮膚は紫外線に当たらないようにしたり、屋外へ出る際はしっかりとその箇所を洗い流してから外出しましょう。

j5

脇の黒ずみ以外にも

脇の黒ずみ以外にも、様々な部分に黒ずみができてしまうなんていうこともあります。

そういう風になってしまったらどうしたら良いのでしょうか?

まずは、黒ずみというものについて詳しくなるということがポイントになってきますので、黒ずみ情報に詳しいサイトを紹介します。